#共感とか憑依とか

October 1, 2023

Last edited time
Oct 12, 2023 09:11 AM
 
近年のUXデザインにおいて、“共感しろ” “憑依しろ”って言葉をあまり聞かなくなったかもしれない。けど、それはユーザーが自分と同じメンタルモデルを持っているわけではないからだと思う。つまり、自分の視点だけで物事を考えるのではなく、ユーザーの視点に立って考えることを指していたのかもしれない。
制作者側に最も大きなバイアスが存在し、その危険性に直面しているのが、デザイナーや企画立案者だ。自分たちの意見や考え方が正しいと先入観を持ってしまうと、ユーザーにとって最適な解決策を見つけ出すのが難しくなる。
近頃はたくさんの人たちが「自分もUXをしてる」と言い出して、それは一見すると良いことのように見えるかもしれない。しかし、ごまかしが効かないのがUXデザインの現場だ。一人で全てを成し遂げることはできないし、どれだけ優れたデザイナーであっても一人で課題を解決し、全てを設計することは不可能だ。
UXデザインは全体で取り組むべきだ。全員がユーザーの視点に立って考え、問題を共有し、解決策を共有する。そうすることで初めて、真の意味でのユーザーエクスペリエンスが生まれる。
💡
timesに書いたことをChatGPTに清書させたもの

Author

Yasuhiro Yokota

1991-, Designer

大学卒業後、行政機関で情報政策部門で勤務。株式会社ワークスアプリケーションズを経た後、フリーランスでグラフィック・デジタル双方のデザイン及びディレクションを通し、様々なプロジェクトに携わる。株式会社TERASSに創業期からシリーズBまで参画した後、2022年9月にマイベスト入社。グロービス経営大学院卒業。

WebTwitter

Drafts

速いプロジェクトのつくりかた

Updated 22 days ago

Drafts

Yasuhiro Yokota Today

This website is a private and sloppy collection of writings and personal information by Yasuhiro Yokota, a designer in Tokyo.

All data is based on the Notion Database and several APIs.

Built with Chakra UI, NextJS & Vercel.